北海道猿払村

毎週木曜日 18:00に記事を定期投稿。noteで4つのコトを実現し、選択されるマチへ。そして、猿払をもっと好きになる。

北海道猿払村

毎週木曜日 18:00に記事を定期投稿。noteで4つのコトを実現し、選択されるマチへ。そして、猿払をもっと好きになる。

    マガジン

    • ふるさとチョイス

      ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」と連携するマガジンです。

    • 猿払村×おてつたび

      おてつたびに関する記事をまとめています。

    • 新規産業の創出を目指して

      新規産業の創出を目指して取組んでいる、施設園芸栽培調査研究事業に関するマガジンです。

    • 広報猿払

      広報猿払に関する記事のマガジンです。

    • 猿払マガジン

      他のクリエイターさんが書いた猿払に関する記事をご紹介します。

    ウィジェット

    リンク

    最近の記事

    固定された記事

    \選択されるマチへ/北海道猿払村がnote で実現したい4つのこと

    noteで実現したい4つのこと 猿払村民に猿払をもっと好きになってほしい 猿払を好きな人にもっと好きになってほしい 猿払を知っている人に猿払を好きになってほしい 猿払を知らない人に猿払を知ってほしい 猿払村を簡単にご紹介日本で最北の村といわれ、東京23区に匹敵する面積を有しています。 そんな、日本の政治経済の中心東京から遥か、1,500キロ離れた猿払村ですが、約2,700人が生活を営んでいます。 厳しい自然ながらも、豊かな環境に恵まれ、先人たちの努力によって切り拓いた

    スキ
    160
      • 毎年恒例!全世帯に無料でホタテを配布します。

        みなさんこんにちは! 猿払村で広報を担当しています“ちひろ”です。 今回は、全国有数のホタテの漁獲量を誇る猿払村ならではの取り組みをご紹介します。 村民になれば、毎年1回は無料でホタテを食べられます!毎年10月、猿払村漁業協同組合のご厚意により、猿払村全世帯を対象に鮮ホタテが配布されます。配布されるホタテは、その日に水揚げされた新鮮なもの。漁協や村職員の手により、1世帯ずつ20枚のホタテを袋詰めし、各自治会を通じてそれぞれの世帯に配布します。 ※その年の漁獲状況により、配

        スキ
        5
        • ☆なりちゃんによるなりちゃんのためのさるっぷ紹介☆

          みなさんこんにちは!なりちゃんです!今回で2回目の投稿となり、前回は私の自己紹介をさせていただきました。もしご興味があれば前回の記事も併せて読んでいただけると嬉しいです! さて、今回はタイトルにもありますとおり、猿払村ご当地キャラクターのさるっぷについてご紹介したいと思います! 〇まずはプロフィール! さるっぷは2013年に開村90周年記念の事業として、応募作品総数131点の中から選ばれ、誕生したキャラクターです。世界中の人に猿払村を知ってもらい、好きになってもらえるよ

          スキ
          10
          • ホタテ好きのみなさまにこっそり教える、美味しい解凍の仕方。

            こんにちは、昨年5月に猿払村公式noteを立ち上げ、3月まで担当していた新家です。プロフィールは次のサイトを参照していただけると幸いです。個人でも猿払を発信するnoteを投稿しているので、併せて読んでいただけると幸いです。 さて、今日は猿払自慢のホタテの食べ方、なかでもふるさと納税返礼品としても人気が高く、一年中楽しめる冷凍ホタテの美味しい召しあがり方をご紹介していきます。そこで、まずは冷凍ホタテのラインナップをご紹介しましょう。 猿払村ふるさと納税冷凍ホタテのラインナッ

            スキ
            81

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ふるさとチョイス
            北海道猿払村
          • 猿払村×おてつたび
            北海道猿払村
          • 新規産業の創出を目指して
            北海道猿払村
          • 広報猿払
            北海道猿払村
          • 猿払マガジン
            北海道猿払村
          • 健康な身体のつくり方
            北海道猿払村

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            猿払村開村100周年まで残り3か月!~過去の周年記念事業を振り返ろう~

            みなさんこんにちは!広報担当の“はるな”です。 前回の記事ではどうもありがとうございました! 村のパン屋さん「やきたてパンの店 カシェ」さんを紹介させていただきましたが、実記事を読んでくれた友人から「今度行ってみようと思う!」という連絡をもらい、自分の書いた記事が誰かの気持ちに変化を与えるのはとても嬉しいことなのだなあ、と広報担当としての実感を得ることが出来ました。 私の書いたnoteを読んだことがない・前回の記事を読んでいないという方は、ぜひ記事をさかのぼって読んでみ

            スキ
            16

            日本最北の村で活躍する、自然大好きカメラマンへインタビュー。

            みなさんこんにちは! 猿払村で広報を担当しています“ちひろ”です。 猿払村は、日本最北の村、北海道でもっとも広い村として、オホーツク海を望む宗谷北部に位置しています。 猿払村には、写真に残したい!と思わず息をのむような“手つかずの自然”があります。 そんな“シャッターチャンス”の宝庫ともいえる猿払村で活躍しているのが、カメラマン“小俣孝範さん”。 小俣さんは、猿払村の自然を集めた写真集「猿払の四季」を出版しています。 人口約2700人の小さな村でこんな素晴らしい活動をし

            スキ
            87

            猿払村のおてつたびに参加する”おてつびと”に聞いてみた! Part.2

            みなさんこんにちは 産業課の"しょうた"です。 本日のnoteでは、前回に引き続き「おてつびとに聞いてみたシリーズ」Part.2をお届けしていきたいと思います! まずは、お二人のプロフィールを教えてください!猿払村のおてつたびを決めた理由や実際に来てみての印象などを聞かせてもらってもいいですか?猿払村が現在取り組む「イチゴ栽培事業」への印象を聞かせてもらえますか?猿払村は、今後もおてつたびに参加された方々と継続した繋がりを作っていきたいと思っています!そこで、村にしてほし

            スキ
            13

            \道の駅に動物園!?/3年ぶりの道の駅まつり!

            みなさんこんにちは! ”ふじたるい”です! 久しぶりの登場になりますが、覚えていてくれていたでしょうか? 4月の人事異動により企画政策課を離れ、現在は産業課水産商工観光係に所属しています。漁港に足を運んで漁師さんのお話を聞いたり、観光施設の整備をしたりと今までとは大きく業務内容が変わりました。専門用語なども多く覚えることがたくさんありますが、毎日楽しく仕事ができています。 さて、昨年度までは「健康な生活」をテーマに様々なトレーニングを紹介してきましたが、今回は観光係らしく

            スキ
            9

            ~猿払村役場職員なりちゃんによるなりちゃんの自己紹介をしてみた~

            こんばんは! 猿払村役場で働いている「成田 永遠希(ナリタ トワキ)」と申します! 人事異動により、7月から総務課まちづくり係に配属となり、初めてのnote投稿となりましたので、自己紹介をしたいと思います! ◎プロフィール 出 身 ▶︎ 北海道札幌市(生まれは札幌ですが、育ちは利尻島です) 誕生日 ▶︎ 2月2日(ツインテールの日!) 趣 味 ▶︎バドミントン・読書(バドミントンは中学1年生から始め、今は少年      団をとおして村の子どもたちと楽しくバドミントンをして

            スキ
            19

            猿払村のおてつたびに参加する”おてつびと”に聞いてみた! Part.1

            みなさんこんにちは 産業課の"しょうた"です。 現在、猿払村が取り組む施設園芸栽培調査事業「イチゴ・葉物野菜の栽培」において、イチゴの定植や収穫、イチゴから葉物野菜栽培への切り替えなど、作業が忙しくなる時期に「おてつたび」を活用しています。 なぜ「おてつたび」なのかというと、人手不足の解消はもちろんですが、村に興味をもっていただき「村のファンを増やしたい!」という思いもあったからです。また、今年の猿払村でのおてつたびは、全7回14名の参加を予定しています。 そこで猿払村

            スキ
            14

            猿払グルメを堪能!~絶品パンで至福のティータイムを過ごそう~

            皆さんこんばんは!広報担当の“はるな”です。 前回の記事ではありがとうございました!noteを書くのはなかなか久しぶりな気がしてカレンダーを数えてみると、なんとあれから1か月半の月日が経過していることが判明したのですが、皆さん私のことは覚えていらっしゃるでしょうか? ちなみに当事者であるはずの私は「前回って何を書いたんだっけ…?」と思わず首をかしげてしまいました(笑) 期間が開いたというのはもちろん、これまでとは異なるタイトルの付け方をしたので、一瞬「あれ?」と思った方もい

            スキ
            15

            「食ってみな、飛ぶぞ」ブームがきっかけ!長州力さんを猿払村ふるさと納税大使に任命しました

            みなさんこんにちは!広報担当ちひろです。 さて、今回の記事は、猿払村ふるさと納税大使を務める“長州力”さんについて。 長州力さんを任命したきっかけ 猿払村とのつながり どんな活動をしているか 実際に会ってみた感想 などをご紹介します。 「飛ぶぞ」の名言から繋がったご縁長州力さんは、お笑いコンビ千鳥さんがMCを務めるテレビ番組「相席食堂」のロケで猿払村を訪れた際、ソフト貝柱を食べて「食ってみな、飛ぶぞ!」とコメント。 あまりに衝撃的な一言に、若者を中心に大きな反

            スキ
            10

            ブレ写真はサヨナラ!広報の仕事で使える一眼カメラ講座

            こんにちは、猿払村のカメラマンさつきです。 noteでは、広報の仕事で使える一眼カメラのコツをお届けします。   デジタル一眼カメラしか撮れない世界。それは、動きの速いものをピタリと止める方法です。   以前にも書きましたが、一眼カメラの「こだわりオートモード」には3つのモードがあります。   ①P(プログラムオートモード) 色や明るさを決められる ②A・AV(絞り優先モード) ボケ具合を決められる ③S・Tv(シャッタースピード優先モード) 動くものに応じてシャッタースピー

            スキ
            18

            広報猿払の裏側を紹介! ~2022年5月号~

            皆さんこんばんは! “たかはし まさや”です。 前回の記事では、猿払村の基幹産業の一つ「酪農業」に触れました。 私自身の経験が浅く、うまく伝えきれているか不安でしたが、見ていただいた方、ありがとうございます! 私が今まで投稿してきた記事は、主に産業系の記事がメインでした。 今回は、少し話題を変え、広報誌では掲載しきれなかったことを記事にしてみたいと思います。 猿払村の広報は、“ちひろ”“はるな”の二人が中心となって作成していますが、私も広報を担当しているページがあります。

            スキ
            12

            写真がアカ抜ける黄金法則!広報の仕事で使える一眼カメラ講座

            こんにちは、猿払村のカメラマンさつきです。 noteでは、広報の仕事で使える一眼カメラのコツをお届けします。 センスいいねと言われるためのコツは、構図を覚えること。構図で写真が決まるとも言われるほど大事です。   人間が見て心地よいと感じるバランスの法則にあてはめるだけで、だれでも効果的な構図をつくりあげることができます。   そこで、まずは覚えておきたい基本の構図7つを紹介します! 覚えておくと便利な7つの構図<その1>三分割構図 まず覚えておきたい基本の構図です。

            スキ
            18

            \日本最北の村がイチゴの収穫スタート/多くの方に”猿払産イチゴ”を届けたい!

            みなさんこんにちは。 noteの執筆は、約3ヶ月ぶりになります”しょうた”です。 今年の4月に人事異動にてnote担当部署を離れ、現在は産業課農林係に所属しています。 異動はあったものの、昨年に引き続き「施設園芸栽培調査研究事業」を継続して担当、今後も日本最北の村がつくる”イチゴ”の情報をnoteにてお届けできればと思っておりますので、皆さんぜひお読みいただけると嬉しいです。 さて! 今回のnoteは、昨年のnote立ち上げより連載しております『新規産業の創出事業編』第1

            スキ
            16