マガジンのカバー画像

猿払村×おてつたび

3
おてつたびに関する記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

猿払村のおてつたびに参加する”おてつびと”に聞いてみた! Part.2

みなさんこんにちは 産業課の"しょうた"です。 本日のnoteでは、前回に引き続き「おてつびとに聞いてみたシリーズ」Part.2をお届けしていきたいと思います! まずは、お二人のプロフィールを教えてください!猿払村のおてつたびを決めた理由や実際に来てみての印象などを聞かせてもらってもいいですか?猿払村が現在取り組む「イチゴ栽培事業」への印象を聞かせてもらえますか?猿払村は、今後もおてつたびに参加された方々と継続した繋がりを作っていきたいと思っています!そこで、村にしてほし

スキ
13

猿払村のおてつたびに参加する”おてつびと”に聞いてみた! Part.1

みなさんこんにちは 産業課の"しょうた"です。 現在、猿払村が取り組む施設園芸栽培調査事業「イチゴ・葉物野菜の栽培」において、イチゴの定植や収穫、イチゴから葉物野菜栽培への切り替えなど、作業が忙しくなる時期に「おてつたび」を活用しています。 なぜ「おてつたび」なのかというと、人手不足の解消はもちろんですが、村に興味をもっていただき「村のファンを増やしたい!」という思いもあったからです。また、今年の猿払村でのおてつたびは、全7回14名の参加を予定しています。 そこで猿払村

スキ
14

おてつたびでファンづくりに取り組んだら、猿払推しが増えた話。

令和2年10月から、新たな産業を創出すべく、イチゴや野菜の栽培に挑戦中の猿払村。 育てて、収穫して、販売……それまでには様々な苦労があり、たくさんの方の手をお借りしました。 詳しくは、こちらのマガジンをご覧ください。 “おてつたび”を活用 猿払村では、作業が忙しくなるイチゴの定植や収穫の時期に「おてつたび」を活用しました。 なぜ「おてつたび」なのかというと、人手不足の解消はもちろんですが、村に興味をもっていただき、村のファンを増やしたいという思いもあったからです。 今

スキ
35